期末テスト、お疲れさまでした!

学習スタジオ フォワード 志村教室の徳田です。

恒例の理社マラソンから始まり、テスト当日の早朝特訓まで、長い道のりだったかもしれませんが、フォワード生のみなさん、お疲れさまでした!各々の課題や提出物、その後の反復や暗記に真剣に取り組んでいたように思います。

特に、志村第三中の2年生(8年生)のみなさんは、英語、数学の点数がかなりアップしていました。

実技教科もあり、大変だったと思いますが、今のがんばりは必ず、高校受験の時に効きます。「あの時、がんばっておいてよかった!」と思えるように、やるときはやる!でがんばりましょう。

都立高校は、学力試験700点+内申点300点+スピーキングテスト20点の総合得点で合否を決定します。

内申点(45点満点)を300点に換算する際に、実技教科は2倍になります。300点の内、約185点を実技教科が占めます。実技教科の内申点を上げるために、学校での授業態度や提出物はもちろんのこと、テスト対策にも全力で取り組みます。先輩たちの残していった過去問がとても役に立ちます。

都立受験を目指す中3生のみなさんは、いよいよ来週にスピーキングテスト(ESAT-J)があります。今年度から導入されるスピーキングテストなので、採点基準など曖昧な点も多く、不安も大きいと思います。教室内でも対策を実施しているので、少しでも場数を踏んで、「最少失点で切り抜ける!」作戦で乗り越えましょう!